アルミホイルをフライパンに敷いたら溶ける?油なしはくっついたり燃えたりしないのか調査!

アルミホイル フライパン 溶ける

この記事を読んで分かる事。

〇アルミホイルをフライパンに敷いたら溶けるのか

〇アルミホイルを油なしでフライパンに敷いたらくっつくのか

〇アルミホイルをフライパンに敷いたら燃える事はあるのか

〇フライパン専用のアルミホイルの紹介

〇アルミホイルが溶けて食べ物に混じったら人体に悪影響が出るのか

アルミホイルをフライパンに敷いたら溶けるのでしょうか?また、油なしでアルミホイルをフライパンに敷いたらくっつくのか?燃える事はあるのかについて調査していきます!

さらにフライパン専用のアルミホイルの紹介や、アルミホイルが溶けて食べ物に混じったら、人体に悪影響が出るかについても探っていきます。

アルミホイルをフライパンに敷いたら溶ける?

アルミホイル フライパン

アルミホイルをフライパンに敷いても溶けません。

フライパンといってもフッ素樹脂加工や鉄フライパンなど色々と素材がありますよね。

どんな素材のフライパンであっても、アルミホイルが溶けてしまう事はありませんので安心して使っていただいてOKです。

アルミホイルは何度で溶けるの?

アルミホイルは660.32度で溶け出します。

アルミホイルの原料であるアルミニウムの融点は660.32度とされています。

例えば、炭火の温度というのは700度~1200度と言われていますので、炭火に直接当てたりしたら溶けてしまいます。

しかし、フライパンの温度はだいたい200度前後ですので、アルミホイルが溶けてしまうという事はないんです!

ガス火の炎の温度は約1500度なので、ガス火に直接あてると溶けてしまうので注意しましょう。

アルミホイルを油なしでフライパンに敷いたらくっつく?

アルミホイル フライパン 溶けない

アルミホイルを油無しでフライパンに敷いても、くっついてしまう事はありません

むしろ、魚や肉などの食材がフライパンにくっついてしまうのを防ぐために、フライパンにアルミホイルを敷くこともありますよね。

ただし、フライパンにはくっつかなくても、食材がアルミホイルにくっついてしまうことはあります。

フライパンに油を敷いてアルミホイルをのせてもいいのか?

フライパンに油を敷いてアルミホイルをのせることは特に問題ありません。

ただし、特に油を敷かなくてもアルミホイルはくっつかないので意味がないかもしれませんね。

アルミホイルをフライパンで使う時は、油を敷くかどうかよりも空炊きに注意する必要があります。

アルミホイルをフライパンに敷いたら燃える事はある?

アルミホイル フライパン 燃える

アルミホイルをフライパンに敷いても燃えることはありません。

アルミホイルで食材を包み、焚き火に入れて焼き芋をしたりすることもありますよね。

それでもアルミホイルは燃えません。

ですから、アルミホイルはフライパンに敷くぐらいでは燃えたりしないんです!

そもそもアルミホイルは燃える事があるのか?

アルミホイルは、融点があるので溶けることはありますが、ほとんど燃えるということはありません。

しかし、科学的に見てみると燃えるということはあるようです。

燃えても体積が小さくなることはないですが、酸素と結合するという意味合いで燃えると言うことがあり得るようです。

普通に家庭で鍋やフライパンにかける程度では燃えることはないということですね!

フライパン専用のアルミホイルの紹介

https://twitter.com/orangeoutput/status/1353536977866420224

フライパン専用の「アルミホイル」というものが売られています。

どんな種類があるのか紹介していきましょう!

・クックパー「フライパン用ホイル – 旭化成」

・大和物産「フライパン用アルミホイル」

・三菱アルミニウム「魚焼きホイル25cm」

・ワタナベ工業「きれいにはがれるお料理ホイル」

・クレハ「フライパン用ホイルシート」

フライパン専用のアルミホイルというのは、普通のアルミホイルとほぼ変わりませんが、食材をのせる面にシリコン樹脂がコーティングされています。

普通のアルミホイルだと食材がくっついてしまうことがありますが、フライパン専用のアルミホイルを使えば食材がくっつかないので、料理も快適に。

食材をのせて焼いたり炒めたり蒸したりが手軽にできるすぐれものです。

三菱アルミニウム(Mitsubishi Aluminum)
¥440 (2022/09/29 09:17:47時点 Amazon調べ-詳細)

アルミホイルが溶けて食べ物に混じったら人体に悪影響が出るの?

アルミホイル 溶ける 人体 影響

アルミホイルが溶けて食べ物に混じってしまっても人体に悪影響はありません

もしアルミホイルが溶けてしまって、それを食べたらどうなってしまうのか心配になってしまう方もいると思います。

アルミホイルは一般家庭で普通に使用している分にはほとんど溶けることはありませんが、長時間水や塩分、酸などにつかっている状態だと腐食してしまうこともあります。

しかし、もしその溶けてしまったものを食べたとしても、ほとんど体内からは排出されるので、特に害はないという事です。

アルミホイルの性質

アルミホイルは、物体から放出される熱を反射するという性質があります。

ですから、食材などを包んでフライパンで焼いたりすることで食材から出た熱をアルミホイルが反射し、熱を閉じ込めることができるんです。

そのため、食材に火が通りやすく、効率的に料理をすることができるというわけです。

熱を閉じ込めてくれるので、保温にも役立ちますよ!

まとめ

アルミホイルをフライパンに敷いたら溶ける?油なしはくっついたり燃えたりしないのか調査!のまとめです。

〇アルミホイルをフライパンに敷いたら溶けるのか
→溶けません

〇アルミホイルを油なしでフライパンに敷いたらくっつくのか
→くっつきません

〇アルミホイルをフライパンに敷いたら燃える事はあるのか
→燃えることはありません

〇フライパン専用のアルミホイルの紹介

・クックパー「フライパン用ホイル – 旭化成」

・大和物産「フライパン用アルミホイル」

・三菱アルミニウム「魚焼きホイル25cm」

・ワタナベ工業「きれいにはがれるお料理ホイル」

・クレハ「フライパン用ホイルシート」

〇アルミホイルが溶けて食べ物に混じったら人体に悪影響が出るのか
→人体に悪影響はありません

アルミホイルは熱を閉じ込めてくれるし、食材がフライパンにくっついてくれるのを防いでくれるすぐれものです。

ストレスフリーに料理をするためにも、アルミホイルをどんどん活用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!