ハート日誌2の無料ダウンロード方法や使い方|血圧の記録をグラフ化にも出来る!

ハート日誌2

ハート日誌2は毎日計る血圧の数値を記録表に出来る無料のフリーソフトになります!

自宅で毎日血圧を測って、数値をノートなどに手書きで毎日欠かさず記録として書いてる方がいますが、ハート日誌2のソフトがあれば、簡単に自分の血圧記録表が作れます。

また、血圧記録表を「グラフ化」する事も出来る、優れた無料のフリーソフトです。

ハート日誌2の無料ダウンロード方法や使い方、実際に使っている私の体験談や口コミ評判などもご紹介していきますね!

ハート日誌2の無料ダウンロード方法

ハート日誌2 ダウンロード

ハート日誌2の作者は「有限会社フォーティー/TA-KIT(滝田 進)」さんになりますが、公式サイトやホームページは公開されておらず、ダウンロードサイトは「Vector(ベクター)」になります。

Vectorは「窓の杜」と並んで有名な無料、有料のソフトダウンロードサイトなので、安全安心に使えます。

ハート日誌2のダウンロードでウイルスの危険性は?

ハート日誌2は無料でダウンロードできるフリーソフトなので、「ウイルス」など心配される方も多いと思いますが、フリーソフトサイトで有名なVector(ベクター)なので安全ですし、安心してダウンロード、インストールしてください!

聞いた事もない、知らないサイトからのダウンロードやインストールは、それこそウイルスの心配があるので避けて下さいね!

ハート日誌2の使い方

ハート日誌2 使い方

ハート日誌2をダウンロードして、お使いのパソコンンにインストールしたら、準備OKです!

ハート日誌2の使い方を紹介する前に「特徴」を把握しておきましょう。

ハート日誌2の特徴

ハート日誌2の特徴としては・・・

・自宅で計測した血圧を記録、印刷する事が出来ます。

・血圧の記録を「グラフ化」できます。

・グラフは「長期グラフ」として見る事も出来ます。
数値入力はマウスだけで出来ます。
・自分自身で「目標値」の設定が簡単にできます。
・体重の管理もできます。
・病院や、かかりつけのお医者さんに提出する時に便利な「印刷機能」があります。
・健康診断などの結果による「血液検査結果」も管理できます。

ハート日誌2はシンプルで簡単な操作で使える無料ソフトなのですが、血圧記録表としてだけではなく、体重や血液検査結果などの管理表も作れるので、健康の基本的な記録を残すことが出来ます。

ではここからハート日誌2の使い方や機能を紹介していきます!

記録の記入機能

ハート日誌2 記入方法

ハート日誌2には毎日の血圧の数字を記入する項目があります。

左欄の「記入」ボタンを押すと記入する事が出来ます。

ハート日誌2 記録

記入は全てマウスで入力できます(もちろん、手動でも記入できます!)。

朝と夜の血圧を測った時間や測定値を記入していきます。

体重なども一緒に計って入れておくと、後々、自分の体重の推移もわかります。

グラフ化機能

ハート日誌2 グラフ

ート日誌2に血圧数値を記入していくと、グラフのボタンを押す事で、血圧数値の推移を1ヶ月~3か月の期間でグラフ化してくれます。

ちなみに3日分の血圧数値を入れた実際のグラフが下記の図になります。

ハート日誌2 グラフ化

上が最高血圧。

下が最低血圧。

青色が夜で、赤色が朝になります。

毎日記入していく事で、自身の血圧の推移が一目で分かるので簡単にチェックできますよね!

長期化グラフ機能

ハート日誌2 長期化グラフ

グラフには2種類あって、もう一つが「長期化グラフ」になります。

長期化グラフのボタンを押すと・・・

ハート日誌2 長期グラフ

4か月ごとの「長期的なグラフ化」を見る事が出来ます。

特に血圧に不安な方などは、非常に参考になる機能だと思います。

分布図の機能

ハート日誌2 分布図

ハート日誌2のグラフ表示とは別に、ドットで表示される「分布図」の機能があります。

この分布図は「新機能」になります。

ハート日誌2 機能

分布図は朝と夜に分かれており、長期的に血圧の数値を記録し続けていく事で、ドットの塊が形成されて、グラフの様に推移がわかる感じです。

最初はデータが溜まるまでは、それほど使わない機能ですが長期的な部分では、自身の血圧数値を可視化できるので非常に役立つでしょう!

検査履歴の機能

ハート日誌2 検査項目

検査履歴は健康診断などで出された検査結果の数値を記入する機能になります。

数多くの記入する項目が並べられていますが、自分が気になる項目だけを選ぶこともできます。

ハート日誌2 検査履歴

記入もマウスで操作できるので、スムーズに入力できます。

操作性の良さは無料ソフトとは思えない快適性を感じます!

印刷機能

ハート日誌2 印刷

ハート日誌は「印刷機能」が装備されています。

印刷できる選択項目は・・・

・測定データ

・長期グラフ

・分布図

・検査履歴

・血圧記録用紙

・お薬服用録用紙

上記これらの項目が印刷できる上に、印刷用紙はA4サイズやB5サイズに対応。

期間も自由に選択できます。

ハート日誌2のオプション設定の機能

ハート日誌2 オプション設定

ハート日誌2には右上のギアマークから「オプション設定」が行えます。

機能内容としては・・・

・ユーザー

・オプション

・バックアップ

・ツール

・バージョン

とあるので、一つ一つ確認していきましょう!

ユーザー

ハート日誌2 ユーザー

ユーザーは主に「目標値」や名前、生年月日等の基本的な記入項目があります。

チェック項目やサブ入力もきちんと埋めておくと、企保陰的なデータベースとして確認しやすいですよ。

オプション

ハート日誌2 オプション

オプションは主に「測定回数」や平日、休日の色分け、印刷方式なども選べます。

チェックボタン入力なので、非常に簡単な操作で入力できます。

バックアップ

ハート日誌2 バックアップ

バックアップは「データのバックアップ実行」やフォルダーの選択になります。

バックアップは出来る限り「USB」などの外部記憶がおすすめです!

ツール

ハート日誌2 ツール

ツールは主に「インポート」「エクスポート」「LAN通信」の設定機能になります。

外部アプリのデータを読み込ませたり保存したりする機能も装備されてるのは、フリーソフトとは思えないほどの親切な機能だと私は思います。

バージョン

ハート日誌2 バージョン

バージョンは、今現在のソフトの「バージョン情報」を確認できる機能になります。

新しいバージョンが出されたら、ここから確認や更新が可能です。

ハート日誌2の対応OS

ハート日誌2の対応osは・・・

・Windows 10/8/7/XP

MACは非対応。

私はパソコンがWindows11ですが、問題なくサクサク動いております♪

ハート日誌2を実際に使ってみた私の体験談

ハート日誌2を実際に使っている私の体験談ですが、まず、操作が非常に簡単だという事です。

自分で数値を記入も出来るのですが、マウス一つで簡単に入力できますし、操作の軽いソフトなので快適に動くため、全くストレスなく動かせます。

フリーソフトって無料なのでそこまで機能性は求めていないのですが、シンプルでも「こんな機能も付いてたら嬉しいよね!」と言った機能が、きちんと装備されています。これは作者がきちんと使っている方々の声を聞いて、ソフトに反映してるからだと私は思いました。素晴らしい作者さんです!

血圧の数値だけではなく、健康診断での項目記入や、長期的な目線でのグラフ化、印刷機能など、無料とは思えないプログラムはずば抜けて素晴らしいフリーソフトと感じます。

ただ、これが80歳以上の人が操作できるのか?と言ったら、やはり無理があると思います。

若いうちから血圧や健康管理に興味がある方には、是非使ってみていただきたい便利なソフトである事は間違いないでしょう。

こちらのフリーソフトもおすすめです♪

うきうき家計簿うきうき家計簿の使い方や無料ダウンロードの方法|ウイルスの危険性はある?

ハート日誌2の口コミや評判

ハート日誌2を使っている方々の口コミ評判を探ってみました!

*この口コミや評判はクラウドソージングを使って、実際にアンケートを募集したリアルな声になります。

71歳男性無職
71歳男性 無職

会社を退職した65歳ころから、めまいや立ち眩みなどが多くなってきて、病院に行ってみると血圧がかなり高いと診断されました。それから毎日自宅で血圧を測ってはノートに書き込んでいたんですが、息子が「このソフト簡単だし、書く必要もないから使ってみたら?」と言ってくれて使ってみたのがこのハート日誌2です。70歳を過ぎた私には「簡単」と言われてもすぐにはわからず、息子に教えてもらいましたが、毎日記入してると、使い方もだんだん楽にスムーズになってきました。今では血圧を毎日計るのが少し楽しみになっています。

55歳女性主婦
55歳女性 主婦

50歳を過ぎたあたりから更年期障害が出てきて、かなり体調の変化に悩まされました。健康管理の一環で自分で血圧計を買って、毎朝、毎夕に「血圧測定」をしているのですが、計っただけではなく、きちんと書いて管理してみて下さい!と医者に言われたので、日ごろから使っているパソコンで無料のソフトを探したらハート日誌2を見つけました。ダウンロードしてインストールしていざ使ってみると、凄く簡単!記入もマウス一つで出来るし、グラフ化や印刷機能も付いてるので、自分の血圧のバランスがとってもよく分かります。可視化できる機能っていいですね!これからも健康管理のために使っていこうと思います。

48歳女性会社員
48歳女性 会社員

最初は体重管理のソフトを探してたらハート日誌2を見つけました。確かベクターだったかな。会社で健康診断なども定期的に行っていたから、年齢的にも自分の身体の管理をきちんと記録できるソフトも必要かな?と思っていたので、無料だしダウンロードしてみました。でも、無料って思えないほど項目や機能が沢山あって、それでいて操作はとても簡単なので、凄く便利です。有料でも良いくらい!血圧は別に問題ないけど、ハート日誌2を使い始めてから、せっかくだから血圧計も購入して毎日計測して記入しています!長期グラフとか凄く参考になるので、自分の健康管理にとっても役立つフリーソフトですよ!

ハート日誌2の無料ダウンロード方法や使い方のまとめ

ハート日誌2の無料ダウンロード方法や使い方のまとめですが、毎日の血圧を測って数か月先に自分の数値がどんな風に変化しているのか知るには最適なフリーソフトだと思います。

血圧の数値を記入していくソフト自体も珍しいのですが、無料なのに記入だけでなくグラフ化や分布図化など数値の推移をきちんと可視化できる機能は非常に便利で役立ちます。

印刷機能も付いているので、定期的にお医者さんやかかりつけの病院へ行く時などは印刷して持っていくと、きっと役に立つ資料にもなるはずです。

パソコンソフトへの記入なのでノートや鉛筆を使う事もないですし、マウス一つで入力できるのも魅力ですよね!

高齢者の方が使えるソフトか?と聞かれたら難しい答えですが、中高年の健康管理に気を付けている方にはとても便利で簡単に使える無料ソフトなので、もし、まだ血圧数値を手書きで書いていたら、ハート日誌2を試してほしいと思います。

軽い操作性やシンプルでも必要な機能を備えたハート日誌2の快適さに驚かれる事と思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!