ネジを回す方向の覚え方!緩める時や締める場合の回し方と逆ネジについて解説!

ネジ 回す方向

この記事を読んで分かる事。

〇ネジを緩める時に回す方向と覚え方

〇ネジを締める時に回す方向と覚え方

〇ネジを回す方向が決まっている理由

〇逆ネジとは何か

〇逆ネジが使われている物や部分

ネジを緩める時や締める時に回す方向と覚え方や、ネジを回す方向が決まっている理由について調査しました!また、逆ネジとは一体何なのか?逆ネジが使われいる物や部分についても見ていきましょう!

ネジを緩める時に回す方向と覚え方

ネジ 回す方向 覚え方

ネジを緩める時に回す方向は「左回り」です。

緩めているつもりがどんどんきつくしめてしまったという経験をした人もいるのではないでしょうか?

なかなか覚えてもネジを回すタイミングがあるときには忘れてしまうものです。

ネジを緩めるときは、まずネジを締める時に回す方向を覚えて、その反対に回すのだという風に覚えておきましょう。

ネジを締める時に回す方向と覚え方

ネジ 緩める方向

ネジを締める時に回す方向は「右回り(時計回り)」です。

緩めるときとは逆に、締めようと思ったのにいつまでも締まらないままネジを回し続けていた…なんとことも経験したことがあるかもしれません。

右回りとか左回りとか言っていると分からなくなってしまうので、覚えるときは締めるときは時計回りと覚えておきましょう。

締める時は時計回りで、緩めるときはその反対の反時計回りと覚えておきましょう。

「の」の字の方向と覚えておくのも一つの手ですね。

また、もうひとつ分かりやすいものに水道の蛇口と同じ向きと考える方法もあります

水を出すときは緩む、止めるときは締めるという覚え方もあるので参考にしてみてください。

ネジを回す方向が決まっている理由

ネジ 回す方向 理由

ネジを回す方向が決まっている理由は、右利きの人が多いからです。

世の中には、統計的に見て左利きの人よりも右利きの人の方が多いですよね。

右利きの人は、時計回りに回す力が強いので締める時は右回りのほうがいいんです。

ネジだけでなく、フタを開けるときや蛇口など締めたり緩めたりするものはほとんど右回りに締めます。

何故ネジを回す方向が決まっているのか忘れてしまったときは、ネジを回す方向が決まっている理由をまず思い出してから方向を考えてみましょう。

逆ネジとは?

逆ネジ

逆ネジというのは、左回りのネジのことです。

一般的に、右利きの人のほうが多いからという理由でネジはほとんどの場合右に回すと締まると説明しました。

しかし、逆ネジは反対で、特殊な用途の場合によく使用されています。

逆ネジが使われる主な理由としては、ネジが緩むのを防ぐためです。

扇風機など、モーターを使って動くものというのはモーターの回転軸が右回りになっているので、モーターが回りすぎるとネジが緩んでしまいます。

「モーターの回る方向=ネジが緩む方向」だからです。

ですから、ネジが緩んでしまうものに限っては左に回すとネジが締まる「逆ネジ」を使用しているんです。

右ネジですが、左側のペダルは左ネジになっています。

逆ネジが使われている物や部分

逆ネジ 使われてる物

逆ネジが使われている物や部分には次のようなものがあります。

・扇風機の羽の部分
・換気扇の羽の部分
・草刈り機の刃を止めるボルト
・ラムネのキャップ
・バイクのミラーの付け根

・自転車ペダルの左側

扇風機の羽根が回るためにはモーターが使用されていますが、モーターは右回りに回転しますので扇風機を回すたびにネジが緩んでしまう可能性もあります。

換気扇や草刈り機も同じです。

自転車のペダルは、右側は通常の方向ですが、左側のペダルは左ネジです。

回転することで緩んでしまう方向とは逆方向にネジを回すことで、突然羽やペダルなどが外れてしまうことを防いでいます。

扇風機を回していたらネジが緩んで羽根が突然外れてしまった!なんてことがあったらびっくりしますよね。

ネジの方向もきちんと考えられているということですね!

まとめ

ネジを回す方向の覚え方!緩める時や締める場合の回し方と逆ネジについて解説!のまとめです。

〇ネジを緩める時に回す方向と覚え方
→緩めるときは、締める時の反対方向と覚えると覚えやすいです

〇ネジを締める時に回す方向と覚え方
→締めるときは「時計回り」と覚えると覚えやすいです

〇ネジを回す方向が決まっている理由
→一般的に、右利きの人の方が多く、右利きの人は右回りに力が入りやすいからです

〇逆ネジとは何か
「逆ネジ」というのは、通常右回りが「締める」ですが、左回りが「締める」になることです。
モーターのついているものなどは回転する方向が決まっているので、通常のネジの締め方では緩んでしまう可能性があり、それを防ぐためです

〇逆ネジが使われている物や部分
扇風機や自転車のペダルに「逆ネジ」が使われていることが多いです

ネジを締めたり緩めたりするときの方向って、どっちだったかな?!といつも迷ってしまいます。

ネジを回す方向が決まっているのは何故かと言うことを考えて回せば、どちらに回したらいいのかわかってくるようになるはずです。

「逆ネジ」という場合もあるので、これも理由を考えて理解するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!