商品券の郵送方法はレターパックや普通郵便で大丈夫?ゆうパックや簡易書留が必要?

商品券 郵送 方法

この記事を読んで分かる事。

〇商品券の郵送方法と料金を徹底解説

〇商品券の郵送が出来ない方法

〇商品券を郵送しても良い場合

〇商品券を郵送しない方が良い場合

〇商品券を郵送する時のマナー

商品券の郵送方法はレターパックなどの普通郵便で大丈夫なのでしょうか?ゆうパックや簡易書留を利用した方が良いのでしょうか?また、郵便局から郵送する場合の料金や、商品券の郵送が出来ない場合などマナーも含めて調査してみました!

商品券の郵送方法と料金を徹底解説

商品券 郵送

商品券を郵送しようと思ったときに普通に送っていいのかどうか悩みますよね。

商品券の郵送方法と料金について解説しますので参考にしてみてくださいね!

レターパック

レターパックは、郵便局で専用の封筒を購入して使うものです。

レターパックには種類が2種類あり、違いは次の通りです。

レターパックプラスレターパックライト
料金520円370円
配送方法手渡し郵便受け

到着まで追跡することができます。

普通郵便

普通郵便は普通の封筒に入れて郵送するもので、到着までの追跡や補償などはありません。

料金は重さや封筒の大きさなどによって異なります。

レターパックや普通郵便は補償がないので商品券を入れて送るのには不向きです。

ゆうパック

ゆうパックは郵便局の宅配便サービスのことで、商品券を送ることができます。

しかも、唯一商品券の宅配便を取り扱っているのがゆうパックになります。

料金は荷物の大きさや距離、重量などによっても変わります。

追跡サービスも利用可能で、事故があった場合には最高30万円まで損害賠償もついているので安心です。

簡易書留(書留)

簡易書留というのは、普通郵便に紛失補償をつけて送る方法です。

補償される金額によって料金が変わります。

商品券を送るのには簡易書留が一番安い料金で送ることができます。

・5万円まで・・・簡易書留(310円)

・10万円まで・・・一般書留(430円)

・5万円増えるごとに21円の追加料金

購入店へ依頼する

商品券を送るという予定が最初から決まっている場合には、商品券を購入した販売店でそのまま発送してもらうのが楽です。

この場合、商品券の代金とは別に送料がかかります

のし紙やラッピングなどをして送ってもらう事も出来るのでギフトなどには便利ですね!

発送方法は店舗によって異なるので、確認する必要があります。

商品券の郵送が出来ないタイプ

商品券 郵送 出来ない

では次に、商品券の郵送が出来ないタイプや方法について調査してみましょう。

現金書留

書留には、「現金書留」という方法があります。

補償もついていて、金額によって送料もかわります。

しかし、商品券は「現金」ではないので現金書留で送ることはできません

郵便局以外の宅配便や配送業者

郵便局以外でも商品券を送れるのでは?と思うかもしれませんが、実は郵便局以外の宅配便や配送業者では商品券を郵送することはできません

商品券というのは、印紙税法上の有価証券に該当します。

有価証券を郵便局以外の業者から送ることは禁止されていますので注意が必要です。

商品券を郵送しても良い場合

商品券を郵送しても良い場合は、相手からお願いされた場合や、お祝いなどの場合です。

時と場合によっては郵送すると失礼にあたるシーンもありますので、どんな時に送ればいいかというのはきちんと確認しておく必要があります。

・入学祝

・引っ越し祝い

・出産祝い

・結婚祝い

お祝いをしたいけれど遠方などで直接渡せない・・・という場合には商品券を郵送してもOKです。

また、相手に何が欲しいか聞いて見て、「商品券がほしい!」と言われた場合もOKです。

商品券を郵送しない方が良い場合

商品券 郵送 しない

商品券を郵送しない方がいい場合というのもあります。

商品券を使う場所が無い場合や、目上の人に贈り物をする場合などには商品券は失礼にあたることも。

・上司など目上の人に贈る

・現金や商品券をもらったお返し

・金額がはっきり分からないほうがいい場合

商品券は現金扱いでは郵送することができませんが、送られた側としてみれば金額も分かってしまうし現金をもらうようなものですよね。

現金にあたるものを目上の人にあげたり、商品券や現金をもらったのにそれをまた商品券で返すというのは失礼にあたります。

また、贈り物をしたいけれど金額がはっきり分からない方がいい場合にも不向きでしょう。

商品券を郵送する時のマナー

商品券 マナー

商品券を郵送する際には、知っておかなければいけないマナーがあります。

商品券を郵送する時のマナーについて見ていきましょう!

のし紙や包装を施す

商品券を贈るときには、そのままの状態ではなくのし紙や包装を施すようにしましょう。

のし紙や包装には贈る目的によって違いがあるので使い分けに注意することが大事です。

間違えてしまうと失礼にあたるので気を付けましょう。

贈る相手の近くに商品券を使えるお店があるか確認

贈る相手の近くに、商品券を使えるお店があるかどうかもポイントです。

商品券をもらっても使う機会がなければ意味がありません。

商品券の種類や近隣のお店をチェックしましょう!

商品券をしっかりと梱包する

商品券が届いた時に、汚れたり破れていたりしたらみっともないですよね。

しっかりと梱包し、折れ曲がらないように、濡れてシワシワにならないようにする対策が必要です。

箱に入れるなど包装をしっかりして贈るようにしましょう。

商品券が相手に届く日を「大安」など縁起の良い日に指定する

より丁寧に贈るのであれば、相手に届く日を「大安」など縁起の良い日に指定することです。

指定できない郵送方法の場合もありますが、もし指定できるのであれば追加料金などもかからないので、縁起のいい日に届くようにすることをおすすめします。

相手の印象もよくなるはずです。

まとめ

商品券の郵送方法はレターパック(普通郵便)で大丈夫?ゆうパックや簡易書留が必要かマナーも合わせて調査!のまとめです。

〇商品券の郵送方法と料金を徹底解説

→レターパック・普通郵便・ゆうパック・簡易書留

〇商品券の郵送が出来ない方法

→現金書留・日本郵便以外の配送方法

〇商品券を郵送しても良い場合

→お祝いや相手にリクエストされたとき

〇商品券を郵送しない方が良い場合

→目上の人や現金・商品券に対してのお返しのとき

〇商品券を郵送する時のマナー

→のし紙・包装・梱包・使えるお店があるか・縁起のいい日を指定して送る

商品券を郵送で送る際には、一定のルールやマナーがあります。

しっかりと把握し、相手に失礼のないようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!