ゆうパックの箱はなんでもいい?郵便局で購入できる専用ダンボールや袋は必要ない!

ゆうパック 箱

この記事を読んで分かる事。

〇ゆうパックの箱はなんでもいいのか

〇郵便局で購入できる専用ダンボールや袋は必要ないのか

〇郵便局で購入できる専用のダンボールや袋

〇ゆうパックの送料について

〇ダンボール箱を無料で手に入れる方法

ゆうパックの箱はなんでもいいのか?郵便局で購入できる専用のダンボールや袋の種類や、必要はないのか、ゆうパックの送料や段ボール箱を無料で手に入れる方法について紹介します!

ゆうパックの箱はなんでもいいの?

ゆうパック 箱 なんでもいい

ゆうパックに使用する箱はなんでもいいです!

ゆうパックには、特に発送する際の梱包に取り決めがあるわけではないので、規定のサイズの範囲内であるダンボール箱や袋であればなんでもいいです。

送る荷物に合わせて、ダンボール箱や破れにくい紙袋(ビニール系の袋)など選ぶ事ができます。

どんな素材の物を使えばいいのか、あらためてご紹介していきます。

ダンボール箱

家にある不要なダンボール箱も「ゆうパック」に使えます。

不要な空き箱や、Amazonで届いたダンボール、宅急便で届いたダンボールでもOK!

ちょうどいいサイズのダンボールがあれば、それを活用しましょう。

ビニール袋や紙袋

郵便というとダンボールというイメージが強いですが、ビニール袋や紙袋でももちろんOKです。

ビニール袋や紙袋に送りたいものを入れたら、しっかりと口を閉じて中身が出ないようにしてから送るようにしましょう。

サイズが小さいものを送るときには、ビニール袋や紙袋のほうが向いています。

包装紙に包んだ物

物を直接、包装紙に包んだ状態で送るのもOKです。

包装紙でそのまま送る場合には、包装紙の端をしっかりガムテープなどで保護しておくこと。

紙なので、配送途中にすれてやぶれてしまったり、隙間が空いているとそこから破れてしまうことも考えられます。

相手に届くまでにきれいな状態で届くように工夫しましょう。

ショッピングバック

ユニクロやGUなどのショッピングバッグを使って送るという方法もあります。

ショッピングバッグの中に送りたいものを入れて、口をしっかりガムテープなどで止めて中身が出ないようにしましょう。

送り状をつければ、そのまま送ることができます。

郵便局で購入できる専用のダンボールや袋は必要ない?

ゆうパック 専用 ダンボール箱

郵便局で購入できる専用のダンボールや袋は、代わりの物が用意できる場合、特に購入する必要は必要ありません。

ゆうパックを送る時に使う箱や袋には、特に指定はないので、何に入れても送ることができます。

郵便局にも、ゆうパック専用のダンボールや袋が売られているのでそれを使った方がいいのかな?と思いがちですが、必ず買う必要はないという事です。

例えば、新品の箱を使って送りたい!という場合や、ちょうどいいダンボールや袋が手元にない!という場合には専用のものを買うと良いでしょう。

郵便局で購入できる専用のダンボールや袋

では、郵便局で購入できるゆうパック専用のダンボールや袋について見ていきましょう!

郵便局で購入するときは、「ゆうパックのダンボールを買いたいです」などと言えば購入できます。

ダンボールの箱

サイズ料金
ゆうパック・箱(特大)
縦345mm×横445mm×高さ340mm
380円
ゆうパック・箱(大)
縦315mm×横395mm×高さ225mm
220円
ゆうパック・箱(中)
縦255mm×横315mm×高さ175mm
140円
ゆうパック・箱(小)
縦175mm×横225mm×高さ145mm
100円

ゆうパックと書かれたダンボールは、上記表の様なサイズや種類が売られています。

入れる物の大きさや用途によって、ダンボール箱のサイズを選びましょう。

サイズ料金
ゆうパック・袋(大)
縦160mm×横320mm×高さ440mm
230円
ゆうパック・袋(小)
縦80mm×横260mm×高さ450mm
100円
クッション封筒
(大)100円 縦360mm×横280mm
(小)81円 縦275mm×横210mm
(大)100円
(小)81円
箱(三角)
縦120mm×横645mm×高さ105mm
130円

ゆうパック専用の袋は大と小の2種類あります。

その他にも、クッション封筒や三角形の箱もありますので、用途に合わせて使い分けましょう。

ゆうパックの送料について

ゆうパック 送料

ゆうパックの送料は荷物の大きさ、宛先によって異なります

ゆうパックは縦・横・高さの合計が170cm以下で重さ25kgまでの荷物を送ることができます。

できるだけ荷物の大きさを小さくすれば、それだけ送料も安くなるということです。

また、宛先によっても送料は変わるので、郵便局の公式サイトで料金のシミュレーションができるのでやってみましょう!

ゆうパックは集荷もしてもらえますが、郵便局や、ゆうパックを取り扱っているコンビニなどに持ち込むと120円割引してくれるのでお得に送ることができますよ。

ダンボール箱を無料で手に入れる方法

ゆうパック ダンボール箱 無料

ダンボール箱を無料で手に入れる方法は、近所のスーパーやドラッグストアに貰いに行くことです。

スーパーやドラッグストアに、「空のダンボールをください」というと貰えます。

また、最近ではダンボールをスーパーやドラッグストアなどの外で無料で回収しているところもありますので、そういうところから貰ってくるというのもひとつの手です。

色々なサイズがありますが、野菜や果物が入っていたダンボールだとニオイや汚れがついている可能性があります。

お菓子やティッシュが入っていたダンボールを選ぶのがおすすめです。

まとめ

ゆうパックの箱はなんでもいい!郵便局で購入できる専用のダンボールや袋は必要ない?のまとめです。

〇ゆうパックの箱はなんでもいいのか
→ゆうパックの箱はなんでもOK!

〇郵便局で購入できる専用のダンボールや袋は必要ないのか
→新品のものを使いたいなど特にこだわりがなければ不要

〇郵便局で購入できる専用のダンボールや袋
→サイズによって料金が異なる

〇ゆうパックの送料について
→荷物のサイズや送り先によって送料は異なる

〇ダンボール箱を無料で手に入れる方法
→スーパーやドラッグストアに貰いに行く

ゆうパックを送るときの箱はなんでもいいので、自宅やお店にある不要なダンボールを使用した方がお金がかかりません。

郵便局でも専用の箱や袋を購入することができますが、結構値段が高いですよね・・・。

無料で手に入れる方法でお得にダンボールをゲットしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!